インドネシア人夫婦が実行、23人死亡の比大聖堂爆発

【ジャカルタ共同】フィリピン南部スルー州ホロ島の大聖堂で今年1月、連続爆発が起き、市民と軍兵士計23人が死亡した事件で、インドネシア国家警察は23日、実行犯がインドネシア人の夫婦だったと確認したと明らかにした。夫婦は自爆、死亡した。 捜査関係者によると、夫婦は2016…

関連国・地域: インドネシアフィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアのハビビ元…(09/19)

テイクオフ:機内で見たインドネシア…(09/19)

ヘイズで約1500校が休校 政府、臨時閣議で対策協議(09/19)

公共インフラ継続が追い風に 住友建機、長期的な成長に期待(09/19)

東南アの訪日者、8月は5カ月ぶり2桁成長(09/19)

火災でインドネシアの農園封鎖、TDM(09/19)

地場電気バス、電動バイクを製造へ(09/19)

アジア保険大手AIAがゴジェックに出資(09/19)

儒鴻、1.7億ドルでインドネシアに新工場(09/19)

国営石油、製油所改修で中国企業と契約(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン