コアインフレ率、6月は約2年ぶり低水準

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)が23日発表した6月のコアインフレ率(運輸や住宅など、政府の政策の影響を受けやすい項目を除外したインフレ率)は前年同月比1.2%で、2017年3月以来、2年3カ月ぶりの低水準となった。 シンガポール経済の減速によるサー…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

5カ月連続輸出減、通年で10年ぶり低水準も(14:32)

フィンテック資金調達額、上期は4倍近く(15:22)

無人コンビニ、地場3社が開発(16:46)

小児ぜんそく監視端末、スタートアップ開発(15:22)

一帯一路への関心高く 東南アジア、投資はベトナム首位(08/16)

国民自慢のマンゴー脚光 輸出増、日本向けは加工品で(08/16)

工業不動産の入居需要、貿易摩擦で低迷(08/16)

みずほ銀行子会社、サイバー攻撃で情報漏えい(08/16)

人材派遣フルキャスト、地場企業と合弁会社(08/16)

陸運大手の社会事業部門、人材紹介開始(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン