• 印刷する

カオサン通り、集客増へ1.7億円で景観改善

タイのバンコク首都庁(BMA)のサコンティー副知事は22日、4,840万バーツ(約1億7,000万円)を投じ、プラナコン地区にあるカオサン通りの景観改善事業を実施する計画を発表した。外国人観光客やタイ人の若者が集まる地域の景観を改善し、観光促進につなげる。ネーションが同日報じた。

事業では、一般道路と歩道の段差をなくし、御影石を敷き詰めた石畳道路に整備し直す。工事は10月に開始し、来年2月に完成させる予定。将来的には周辺道路の改善も検討する。

通りの周辺には240の露店を設置する計画。入居者は1年か2年ごとにくじ引きで選び、営業時間は午前9時から午後9時とする方針。移動式屋台の侵入は禁止する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産運輸小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:23日にタイ政府がマス…(06/28)

北部とバンコク結ぶ航空路線、運航再開(06/28)

中銀、8月と11月に利上げか 車や住宅の販売に逆風の可能性(06/28)

中国・タイ通貨での決済拡大を協議、中銀(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新規の感染者1735人、死者15人(27日)(06/28)

5月の自動車販売、15.7%増の6.5万台(06/28)

2022年5月のタイの新車販売台数(表)(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン