• 印刷する

独VW、2~3年後に国産化率92%目標

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、インドで展開する製品の国産化率を向こう2~3年間で現在の82%から92%に引き上げる計画だ。乗用車部門のステフェン・ナップ最高経営責任者(CEO)の話として、PTI通信が19日に伝えた。

国産化率の引き上げは、国内事業の増強を目的に昨年に発表した「インディア2.0」の一環。VWは、西部マハラシュトラ州プネ近郊の工場の生産能力の増強などに800億ルピー(約1,250億円)を投じる方針を打ち出していた。ナップ氏は「現地サプライヤーの拡充も視野に入れている」と付け加えた。

ナップ氏はまた、2~3年後の市場シェアの目標を3%に設定していることも明らかにした。現在のシェアは1.4%。販売拠点数は、現在の120カ所から150カ所に増やすという。

インディア2.0に基づいた最初のモデルは、2020年までに市場投入する見通しという。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:緊急事態宣言の解除後も…(05/29)

30年で最大規模のバッタ襲来、食糧被害懸念(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

二輪ロイヤル、四半期ごとに新型発売へ(05/29)

独VW、新たな購入支援策を導入(05/29)

空気圧縮機エルジ、中国子会社の閉鎖を決定(05/29)

日用品業界の設備稼働率、7割以上に回復(05/29)

ノキア、感染者確認の南部工場で生産再開(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン