• 印刷する

フィッチ、タイの格付け見通しを引き上げ

格付け大手フィッチ・レーティングスは18日、タイの自国通貨建て長期発行体デフォルト格付け(IDR)の見通しを「ステーブル(安定的)」から「ポジティブ(強含み)」に引き上げたと発表した。格付けは「BBBプラス」に据え置いた。

格付け見通しの引き上げの理由として、長引く政治的リスクが堅実なマクロ経済運営を妨げる可能性が低くなったと判断したことに加え、3月の総選挙を経てプラユット首相率いる新政権が正式に発足し、2014年5月のクーデターから5年余り続いた軍事政権から民政へと移管したことで、政治的な障壁が取り除かれたことを挙げている。

国内需要が堅調な動きを続けている一方で、外的要因により19年の国内総生産(GDP)成長率は3.3%となり、18年の4.1%から鈍化すると予測。輸出成長率は横ばいで、投資はインフラ事業の承認の遅れや輸出型企業の投資の減少を受け緩やかな伸びにとどまると予測している。20年のGDP成長率はやや回復し、3.5%になるとの見通しだ。

外貨準備高は、19年末に輸入額の7.9カ月分に相当する2,160億米ドル(約23兆2,400億円)に達し、18年末時点の2,056億米ドルから拡大すると予測。政策金利については、タイ中央銀行(BOT)が年内は1.75%に据え置くとの見通しを示している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

【循環型経済】ペットボトルを僧侶の袈裟に 寺院が回収拠点、PTTGC支援(08/23)

MICE市場の競争激化 東南ア2カ国、IT対観光(08/23)

7月の車生産6.7%減、3カ月連続マイナス(08/23)

7月の車輸出8.9%減、アジア向け2桁縮小(08/23)

ボルボ、中古トラックの販売部門を設置(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

ウタパオ空港拡張入札、CPの失格が確定(08/23)

不動産サンシリ、米ホテル会社に追加出資(08/23)

アナンダ、下半期は住宅7件の発売計画(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン