• 印刷する

SK、ミャンマー石油流通会社の株式取得

SKイノベーションは東南アジアでの事業基盤の拡大に力を入れている(同社提供)

SKイノベーションは東南アジアでの事業基盤の拡大に力を入れている(同社提供)

韓国エネルギー大手のSKイノベーションは19日、石油事業の子会社2社がミャンマーの石油流通大手BOC(Best Oil Company)の株式を取得する契約を交わしたと発表した。

SKエナジーとSKトレーディングインターナショナルは、BOC株を17.5%ずつ取得する。投資額は約1,500億ウォン(約138億円)。

BOCは事業持ち株会社で、石油輸入とミャンマー南部の流通を担当するPTパワー、石油製品ターミナルを建設・運営するPSWを子会社に持つ。同国の石油市場でシェア17%を占める。

SK側はBOS株取得を「安定した輸出、貿易市場の確保」と説明した。これを足掛かりに東南アジア市場での事業拡大を目指す。


関連国・地域: 韓国ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、QD有機ELの専門部署を新設(17:59)

起亜自動車、19年の営業益73.6%増(17:20)

車用プラ有機ELパネル、LGDが量産開始(18:26)

ローツェが追加受注、サムスンへパネル装置(17:20)

現代商船が4月にも社名変更へ(17:19)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

起亜自、新興国では内燃機関車に軸足(01/27)

シャープ有機ELテレビ、LGのパネル採用(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン