違法ストは業界に打撃、縫製協会が警告

カンボジア縫製協会(GMAC)は、違法なストライキがカンボジアの投資環境を損ね、縫製業界に打撃を与えていると警告した。地元各紙(電子版)が18日伝えた。 GMACは16日、声明で「違法な抗議活動は投資家の信頼感を損ね、企業と労働者のいずれにも不利益を及ぼす」と指摘…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 繊維政治


その他記事

すべての文頭を開く

シエムレアプの一部、感染深刻な地域に指定(06/11)

現金給付開始、コロナ感染者と困窮者対象(06/11)

中国外相、カンボジアへの支援を再表明(06/11)

ソコン外相がタイと協議、コロナ対策など(06/11)

パリバゲット、カンボジア首都に1号店(06/11)

コロナワクチン100万回分、中国から到着(06/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン