• 印刷する

日本で働く外国人、94%が特定技能に関心

求人サイトなどを運営するディップは16日、日本で就業中の外国人労働者のうち、94.0%が新たな在留資格「特定技能」に関心があるとの調査結果を発表した。回答者が従事する業種のうち、8割近くが新制度の対象。日本でより長く働くことを検討しているもようだ。

調査は、5月13日~6月3日にインターネットを通じ、日本で就業している外国人を対象に実施した。回答の有効回収数は150件(中国人、ベトナム人、フィリピン人それぞれ50人)だった。

回答者のうち、特定技能の対象となる14業種に従事している人は76.0%だった。このうち、外食と農業がそれぞれ10%で最も高く、飲食料品製造と自動車整備・製造(それぞれ8.7%)、電気・電子機器関連産業(7.3%)などと続いた。

昨年10月末時点で、日本で外国人が約146万人働いている。うち中国が約39万人(全体の27%)で最も多く、ベトナム人は約32万人(22%)で2位。フィリピン人が約16万人(11%)で続いた。


関連国・地域: 中国ベトナムフィリピン日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

主要上場、増益は20社と躍進 拡大基調も建設は不振=3Q決算(11/15)

豊田合成、タイビンのエアバッグ工場拡張(11/15)

旭化成アドバンス、越でエアバッグの縫製(11/15)

HCMメトロ1号、投資額3.4兆ドン減額(11/15)

ベトナム航空など、テト前後に1220便追加へ(11/15)

DHLの倉庫完成、21年までに200人体制へ(11/15)

香港スイスベルホテル、ベトナム事業拡大へ(11/15)

新公示地価は不動産市場に悪影響=協会(11/15)

19年の石油火力発電量、25.7億kWhに(11/15)

不動産投資見通しで首位、香港回避の恩恵(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン