• 印刷する

不動産アンカー、首都空港近くで複合施設

フィリピンの不動産開発会社アンカー・ランド・ホールディングス(ALHI)は15日、マニラ首都圏パラニャーケ市と、高層ビル3棟の複合施設を開発する官民連携(PPP)事業契約を結んだと明らかにした。地元紙マニラタイムズなどが伝えた。

複合施設の予定地は、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に近い公共交通ターミナル「パラニャーケ・インテグレーテッド・ターミナル・エクスチェンジ(PITX)」と、旧コースタル・モールの間にある面積1ヘクタールの土地。投資額は40億ペソ(約84億円)。

第1棟は、市のサテライト・オフィスとして使用。事業認可や投資審査を行う機関の事務所が入居する。警察署や消防署、交通管制センター、市保健事務所、さらには国家捜査局(NBI)など国の機関も設置される。第2棟はオフィスや商業施設として利用され、第3棟は3,500人収容の簡易宿泊施設となる。

パラニャーケ市の湾岸地区では、用地に近い統合型リゾート(IR)開発地区「エンターテインメント・シティー」などを含め、約3万5,000人が働いている。オリバレス市長によると、多くの人が市役所の本庁まで足を運ぶことなく、サテライトオフィスで行政手続きが可能になるという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

首都圏のコロナ規制延長、6月15日まで(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

企業優遇、対象分野明確に 新たな戦略投資計画、大統領承認(05/27)

マルコス次期政権、財務相に中銀総裁(05/27)

マルコス氏、中国に「主権譲らない」(05/27)

比海軍がスービックに基地、中国けん制(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン