• 印刷する

テイクオフ:17年前、韓国への入国…

17年前、韓国への入国が禁止された歌手の劉承俊。彼は1997年のデビュー以来、さまざまな音楽チャートで出す曲が1位になる人気者だった。ところが、2002年にコンサートのために渡米した彼は、韓国の国籍を捨て米国の市民権を取得した。兵役を回避するためだった。

兵役回避は当地ではタブー。彼は結局「入国禁止」になる。それから17年、「韓国の地を踏みたい」と裁判所に訴え続け、今月とうとう入国許可が下りた。しかし、「彼の入国を禁止してください」との国民の請願は、わずか5日間で賛同者が20万人を超えた。

「軍隊から戻ると自分は30代。歌手の寿命は短いと知っていたから」と彼は訴える。確かに20代は大切な時期だが、それでも一般の男子は皆、軍隊に行っている。17年が過ぎた今も国民の怒りは収まっていない。入国のために、彼が取り組むべきことはまだまだありそうだ。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎の感染者、前日比571人増え2337人に(02/28)

現代自で肺炎感染者、蔚山2工場が生産停止(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(02/28)

新型肺炎関連法で罰則強化 集団感染が急増、文氏に批判も(02/28)

新型肺炎感染者、1日で505人増と過去最大(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

トヨタ、児童の新型肺炎予防に910万円寄付(02/28)

サムスン、新型肺炎に300億ウォン支援(02/28)

郵便局や薬局でマスク販売へ、政府が管理(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン