• 印刷する

テイクオフ:17年前、韓国への入国…

17年前、韓国への入国が禁止された歌手の劉承俊。彼は1997年のデビュー以来、さまざまな音楽チャートで出す曲が1位になる人気者だった。ところが、2002年にコンサートのために渡米した彼は、韓国の国籍を捨て米国の市民権を取得した。兵役を回避するためだった。

兵役回避は当地ではタブー。彼は結局「入国禁止」になる。それから17年、「韓国の地を踏みたい」と裁判所に訴え続け、今月とうとう入国許可が下りた。しかし、「彼の入国を禁止してください」との国民の請願は、わずか5日間で賛同者が20万人を超えた。

「軍隊から戻ると自分は30代。歌手の寿命は短いと知っていたから」と彼は訴える。確かに20代は大切な時期だが、それでも一般の男子は皆、軍隊に行っている。17年が過ぎた今も国民の怒りは収まっていない。入国のために、彼が取り組むべきことはまだまだありそうだ。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

素材国産化、環境規制が鍵 厳格ぶり際立つ、日系にも負担(08/16)

日本ボイコット運動が過熱 大規模集会で、収束気配なし(08/16)

国民自慢のマンゴー脚光 輸出増、日本向けは加工品で(08/16)

徴用工解決策提示か注視、日本政府(08/16)

新車の品質が大幅向上、JDパワー(08/16)

日本の責任触れず、文氏が慰安婦被害伝え式典(08/16)

慰安婦巡る合意順守要請、韓国大統領発言で(08/16)

原発汚染水に積極対応、韓国外務省が表明(08/16)

日韓通貨協定の再開宙に、ウォン安も議論封印(08/16)

対馬―釜山の海上航路、反日響き運休相次ぐ(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン