戦闘の避難民に仮設住宅、カチンで日本財団

【ミッチーナ共同】ミャンマー国軍と少数民族武装勢力の戦闘で避難民が発生している北部カチン州で、日本財団が地元非政府組織(NGO)と協力して避難民向けの仮設住宅を州都ミッチーナに建設し、15日に完成式典が行われた。既に約170人が入居し、生活を始めている。 カチン州で…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

不要不急の外出が増加傾向 小売店など7割水準に=グーグル(06/02)

公務員の全員出勤を再開、6月1日から(06/02)

太陽光発電入札、期間延長はしない=エネ省(06/02)

印から帰国者4人感染、累計228人=1日朝(06/02)

コロナ検査、東部モーラミャインでも可能に(06/02)

罰則強化の新感染症予防管理法、下院が可決(06/02)

ベトテルグローバル、今年は15%増収を目標(06/02)

東西回廊の道路改修工事、雨期明けに再開へ(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン