戦闘の避難民に仮設住宅、カチンで日本財団

【ミッチーナ共同】ミャンマー国軍と少数民族武装勢力の戦闘で避難民が発生している北部カチン州で、日本財団が地元非政府組織(NGO)と協力して避難民向けの仮設住宅を州都ミッチーナに建設し、15日に完成式典が行われた。既に約170人が入居し、生活を始めている。 カチン州で…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表(08/24)

武装勢力が爆破の橋、完全復旧までに1カ月(08/23)

「ロヒンギャ虐殺の意図」国連が国軍非難(08/23)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

テイクオフ:以前に住んでいたミャン…(08/23)

ロヒンギャ帰還実現せず、準備完了も安全懸念(08/23)

ムセーマンダレー鉄道の路線を選定、国鉄(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン