豪の商工業・オフィス建物投資、33%は外資

オーストラリアの商工業・オフィス建物への投資は2019年上半期(1~6月)、その33%が外資によるものであることが、米系不動産管理のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)の最新の調べで分かった。地元各紙が伝えた。 JLLによると、19年上半期の海外投資による商工業・オ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナの感染を防ご…(05/29)

1Q設備投資、11年ぶり低水準 新型コロナが民間企業直撃(05/29)

信頼される豪ブランドにバニングス、トヨタも(05/29)

豪の渡航解禁先、7月からNZと太平洋諸国か(05/29)

〔政治スポットライト〕NSWとQLD対立、越境合意更新できず(05/29)

連邦制度改革、首長連絡会議の継続次第か(05/29)

〔政治スポットライト〕中国、今度はLNG輸入削減を示唆(05/29)

豪ドル、経済早期回復でコロナ前水準の高値に(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン