• 印刷する

上海浦西の超高層ビル、23年までに完成へ

上海市の浦西地区で建設中の超高層ビル「徐家匯中心」で14日、基礎工事が完了した。ゼネコン大手の上海建工集団が発表した。高さ370メートルで、完成すれば浦西地区で最も高いビルとなる。上海の新たなランドマークとして注目を集めそうだ。15日付解放日報などが伝えた。

ビルは、商業施設やオフィスが集積する徐家匯エリアで建設されている。地上70階と43階の超高層ビル2棟を設け、地上15階にはホテルが入居する。総建築面積は約95万平方メートル。

現在、浦西地区で最も高いビルは外灘(バンド)にある高さ320メートルの「上海白玉蘭広場(上海マグノリアプラザ)」で、徐家匯中心の完成後はこれを上回る見通し。


関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り観光

その他記事

すべての文頭を開く

国際便の発着激減、中国出張者の利用が主流(05/29)

中国のコロナ対策90兆円規模 李首相、7割を消費刺激に(05/29)

大聯大、香港など各地でスマート倉庫建設へ(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

香港版安全法の制定案を可決、中国全人代(05/29)

全人代閉幕、民法典が成立(05/29)

双日車販社、吉利のSUV「アズカラ」投入(05/29)

地方政府債務残高、今年の上限は28.8兆元(05/29)

アクシアタ、5G調達先に華為含む2社検討(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン