• 印刷する

19年の半導体設備出荷額、台湾が世界首位か

国際半導体製造装置材料協会(SEMI)はこのほど、2019年の世界のOEM(相手先ブランドによる生産)による半導体設備の出荷額予測を発表し、台湾の19年の出荷額は前年比21.1%増の123億1,000万米ドル(約1兆3,300億円)になるとの見通しを示した。韓国を抜いて世界1位となる。伸び幅も世界首位。

SEMIは、韓国は直近2年連続で首位を維持していたが、今年は前年比47.9%減の92億2,000万米ドルになると予測。設備投資などが縮小する影響で出荷額が大幅に減少し、世界3位になると見通した。

中国は10.8%減の116億9,000万米ドルで2位を維持し、北米は8.4%増の63億2,000万米ドルと予測した。

世界全体を合わせた19年の半導体設備の出荷額は527億米ドルとなる見通しで、過去最高となった前年の645億米ドルから18.4%減少する。このうち「封止設備」が22.6%、「ウエハー製造向け設備」が19.1%それぞれ減少するとみている。

SEMIは20年の半導体設備市場について、「中国での工場増設や半導体メモリー関連の投資増加などを背景に、復調に向かう」と分析。20年の出荷額は中国(145億米ドル)が1位に躍り出て、韓国(117億5,000万米ドル)、台湾(115億5,000万米ドル)の順になると予測した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

AI活用のバーチャル試着、元智大が開発(12:09)

テイクオフ:ふたを開ければ、韓国瑜…(07/18)

19年のGDP成長率2%に 中経院、予測値を下方修正(07/18)

ラーガン、車載用レンズ市場から撤退か(07/18)

長天科技、業績不振で全従業員を解雇へ(07/18)

ヤゲオ高雄工場で40人解雇、違法の可能性も(07/18)

TSMC新竹工場の都市計画変更、政府承認(07/18)

シャープが賞与年4回検討、短期の成果と連動(07/18)

ギョク登、FBのWiFi認証に参加(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン