4日指数は反発、ハイテクに買い戻し

4日の台湾株式市場で、加権指数は反発。終値は前日比32.13ポイント(0.30%)上昇し10,775.90ポイント、売買代金は969億8,900万台湾元(約3,360億円)だった。 4日の集中市場は、前日までに下げたハイテク株の買い戻しが入った。このところさえない値動きが続いている受動部品株…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

中国白物家電大手の美的、台湾に本格参入(12:55)

テイクオフ:約2カ月ぶりに香港のデ…(09/23)

8月の輸出受注8%減に 全品目・市場がマイナス成長(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

鴻海、米ウィスコンシン州で新投資計画(09/23)

聯発科技、20年1月に5G対応チップ出荷へ(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

再生ウエハーの昇陽、14億元で生産増強(09/23)

アイフォーン新モデル、販売3割増予想も(09/23)

8月のスマホ販売約1割減、サムスンが1位(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン