NLD、総選挙へ少数民族政党と協力模索

ミャンマーの与党・国民民主連盟(NLD)が、2020年の次期総選挙を見据えて、少数民族政党との協力関係の構築に乗り出している。NLD政権への不満を強める少数民族を取り込み、総選挙後も政権を維持する狙いがあると見られる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が4日伝えた。 N…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】徳育や科学実験で市場取り込み 学研、域内で新規進出も検討(17:26)

救援機で帰還のミャンマー人、2千人余りに(15:58)

縫製労働者の救済で協力 H&Mなど、工場・労組と合意(05/25)

帰国者2人が感染、累計201人=24日午前(05/25)

JC航空、7月からチェンマイ直行便を運航(05/25)

燃油需要が回復傾向、コロナ規制緩和で(05/25)

改憲の国民投票は延期、重要内容ないと判断(05/25)

証取と証券各社はマネロン対策強化を=当局(05/25)

第2の都市マンダレー、一部市場が再開(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン