• 印刷する

スバン県に新工業団地、国営3社が協業

スバン県の工業団地開発に向けて覚書を締結した国営企業3社の関係者(WIKA提供)

スバン県の工業団地開発に向けて覚書を締結した国営企業3社の関係者(WIKA提供)

インドネシアの国営建設ウィジャヤ・カルヤ(WIKA)と国営農園会社2社の計3社が、西ジャワ州スバン県で新たな工業団地の開発に乗り出す。WIKAの事業経験と、農園2社が所有する土地を活用する。2021年の完工を目指す。

WIKAは3日、プルクブナン・ヌサンタラ(PTPN)8、ラジャワリ・ヌサンタラ・インドネシアの農園2社と、工業団地開発のための合弁会社設立に関する覚書を締結した。工業団地以外に、住宅や商業施設なども整備するため、広さは1万1,000ヘクタール以上を開発することを検討する。PTPN8のワヒュ社長は、同社がうち6,127ヘクタールの所有地を提供すると明らかにした。

ワヒュ社長は、同社が所有する農地11万3,000ヘクタールには、農園として活用するには適さなくなった用地もあると指摘。工業団地の開発事業に参画するのは、こうした用地の資産価値を最大限に高める狙いもあると説明した。

スバン県では、円借款で建設中のパティンバン港や、首都ジャカルタと同州バンドン間を結ぶ高速鉄道などのインフラ整備が進んでいる。近隣には、6月に供用を開始したマジャレンカ県のクルタジャティ新国際空港や、チパリ高速道路(チコポ―パリマナン間)もある。

WIKAのトゥミヤナ社長は「新たに開発する工業団地は、チパリ高速道路を経由して空港や港湾とも接続できるようになり、大きな可能性を秘めている」と強調した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝起きると、まず窓を開…(07/14)

大統領、検査態勢強化を指示 首都は活動制限強化も、感染増で(07/14)

西ジャワ州、マスク未着用住民に罰金適用へ(07/14)

バンテン州、PSBBを26日まで延長(07/14)

高速道の新料金収受システム導入、入札開始(07/14)

空運局、空港で無作為の薬物検査実施へ(07/14)

スマトラ高速道、事業費386兆ルピア未調達(07/14)

PPプロパティ、起債で2兆ルピア調達へ(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン