• 印刷する

《日系進出》プロネクサス、ベトナム法人設立へ

上場企業の決算報告やIR(投資家情報)書類の作成などを手掛けるプロネクサス(東京都港区)は26日、ベトナムに現地法人を設立することを取締役会で決議した。同社の海外法人としては、台湾に次ぐ2カ国・地域目。

現地法人プロネクサス・ベトナム(仮称)は、ホーチミン市に今年10月をめどに設立予定。資本金は200億ドン(約9,180万円)、100%子会社となる。設立当初は人事労務管理の代行サービスなどを中心に開始し、ゆくゆくはレンタルオフィス・バーチャルオフィスなども構える計画。日本人駐在員1~2人を含む10人程度からスタートする。

同社は初の海外事業である台湾法人を2014年に設立後、グローバル事業の展開を加速させてきた。担当者はNNAに「(台湾を除く)周辺国の取り扱い件数としては、ベトナムが最も多かった」と話し、ニーズの高まりを受けて法人設立を決めたという。

同社は16年に中部ダナン市のダナン投資促進センター(ダナンIPC)と業務提携を結ぶなど、日系企業のベトナム進出に関わる実務支援を開始していた。台湾には昨年、2拠点目を開設。このほか、アジア、米国、南米、欧州など全16拠点に海外支援ネットワークを持つ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

ホンダ、新1年生にヘルメット2百万個提供(07/06)

カタール航空やティーウェイ、HCM便再開(07/06)

配車アプリ市場、GVタクシーが新規参入(07/06)

西鉄、ロンアン省に物流事務所を開設(07/06)

韓国エーステック、越工場の増設で追加出資(07/06)

韓国テジン、越にエレベーターロープ初輸出(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン