• 印刷する

《日系進出》豊田通商系2社、CATARCと合弁

豊田通商の子会社で半導体商社のネクスティエレクトロニクス(東京都港区)は26日、グループ会社2社と自動車技術研究機関の中国汽車技術研究中心(天津市、CATARC)が江蘇省常州市に合弁会社を設立したと発表した。自動車業界で先端技術への対応が進む中、2020年ごろから車載イーサネットの採用が始まると見込み、3者が有する認証や規格適合テストのノウハウを組み合わせて需要を取り込む考えだ。

合弁会社の名称は中汽研アイ睿賽安斯(常州)智能科技(アイ=王へんに愛)で、5月に設立した。資本金は100万元(約1,570万円)で、ネクスティエレクトロニクスのグループ会社である豊田通商先端電子(大連)とドイツのC&Sグループが各25%、中国汽車技術研究中心のグループ会社である中汽研(常州)汽車工程研究院が50%を出資する。合弁会社では、中国国内の自動車のOEM(相手先ブランドによる生産)やティア1(1次下請け)に対し、車載イーサネットの規格適合テストサービスを提供する。

自動車業界では現在、「CASE(ケース=コネクテッド、自動運転、シェアリング、電気自動車)」分野における新技術への対応が進んでいる。とりわけ、中国市場では通信データの高速化や大容量化に対応できる車載イーサネットの普及が急速に進んでいくと見込み、中国での合弁設立を決めた。


関連国・地域: 中国-江蘇日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

貧困層への少額融資後押し、銀保監会が指示(18:18)

米相殺関税は不当、太陽光で中国主張認める(07/18)

テイクオフ:コンサル業を営む友人と…(07/18)

「米の対中相殺関税は不当」 WTOが判断、中国商務省は歓迎(07/18)

19年のGDP成長率2%に 中経院、予測値を下方修正(07/18)

高速道路建設、米企業が財務アドバイザーに(07/18)

越からのTV輸入37倍に激増 韓大手が輸入シフト、業界が危惧(07/18)

タイCPの養鶏など投資12件・恩典9件を認可(07/18)

ラーガン、車載用レンズ市場から撤退か(07/18)

アクレダ銀、銀聯国際と非接触型デビカ発行(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン