• 印刷する

サムスン、ドイツテレコムと5Gなど協力へ

26日付毎日経済新聞は、韓国・サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が、このほど韓国を訪問した欧州最大の通信会社、ドイツテレコムの経営陣と第5世代(5G)移動通信や次世代移動通信、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)など情報通信技術(ICT)分野での協力案を議論したと伝えた。

サムスン電子は2012年からドイツテレコムとパートナーシップを構築。ドイツテレコムはドイツなどで5G関連サービスを準備しており、サムスン電子の装置や端末の供給についても議論されたとみられる。

ドイツテレコムの経営陣はまた、京畿道の華城市および水原市にあるサムスン電子の事業所を訪問。サムスン電子の社内ベンチャープログラムや半導体生産ラインなどを見学した。

朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄罪などに問われた李副会長は、昨年2月の経営復帰後、海外企業との関係回復や成長エンジンの発掘に向け海外を相次ぎ訪問している。今年5月には日本を訪れ、NTTドコモとスマートフォンや通信装置の供給、5Gなどでの協力案を議論した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

大企業が軒並み営業減益 市況悪化、新型肺炎で追い打ちも(02/21)

テイクオフ:1人の大蔵省(現財務省…(02/21)

新型肺炎で国内初の死者、感染者104人に(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

感染拡大の大邱、政府に緊急支援を要請(02/21)

SK社員が肺炎患者接触、800人自宅待機に(02/21)

サムスン電子、ベトナムのパネル工場増強へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン