• 印刷する

テイクオフ:マレー鉄道(KTM)の…

マレー鉄道(KTM)のクアラルンプール駅をよく訪れる。20世紀初頭に建てられた駅舎は歴史的建造物でもあり、香港映画でも舞台になっている。中のプラットホーム部分は鉄骨がむき出しになった、いかにも英国の鉄道駅を思わせるような造りとなっている。駅舎内のヘリテージホテルが現在も営業している。

趣があるのはそこまでで、機能面は別の話だ。隣接する軽量軌道電車(LRT)駅とのアクセスが悪いので、鉄道間の連絡がしにくい。ホームをまたぐ階段が少なくて駅舎構内も移動しにくい。利用したことはないが、ホテルも施設が古すぎると評判はよくない。

何より週末は近距離路線のKTMコミューターは本数が異常に少なく、地方のバス並みの本数で使い勝手が悪い。こんなところでもなお足を運んでしまうのは歴史の持つ魅力なのか。それとも単なる自虐趣味か。(角)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、宅配イージーパーセルに出資(18:52)

テイクオフ:うちの義母の投資家精神…(07/17)

GST還付金の行方に新事実 財務省が弁明も、原資不足変わらず(07/17)

第3の国民車、メーカーと政府間で優遇に溝(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

RM=26.2円、$=4.11RM(16日)(07/17)

イオンクレ、追徴税で高裁から召喚状(07/17)

外国人労働者の不当認可、人頭税の損失に(07/17)

政府が多くのインフラ事業を準備、与党議員(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン