• 印刷する

《日系進出》不動産クリード、タイ企業と高層コンド開発

クリードグループは、タイのアルティチュード・デベロップメントと合弁で高層コンドミニアムを開発すると発表した=25日、バンコク(NNA撮影)

クリードグループは、タイのアルティチュード・デベロップメントと合弁で高層コンドミニアムを開発すると発表した=25日、バンコク(NNA撮影)

タイの不動産開発会社アルティチュード・デベロップメントは25日、同業のクリードグループ(東京都千代田区)と合弁で、首都バンコクに高層コンドミニアム(分譲マンション)を開発すると発表した。クリードグループがタイで不動産を開発するのは初めて。事業規模は24億バーツ(約83億6,000万円)。2021年第3四半期(7~9月)の完工を目指す。コワーキングスペース(共有オフィス)やエレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)ルームなどユニークな設備を拡充し、起業家など若年層に照準を充てる。

事業は2社が設立した合弁会社アルティチュード・クリード・タラートプルーが手掛ける。同社の資本金は1億バーツで、アルティチュード・デベロップメントが51%、クリードグループが49%を出資した。

クリードグループの宗吉敏彦社長は会見で、「アジア地域でのプレゼンスを高める上で、タイは戦略的な市場になる」と述べた。同グループは日本のほか、海外ではマレーシアやカンボジア、ベトナム、ミャンマーなど7カ国で事業を展開。総開発価値(GDV)は8億米ドル(約860億円)に上るという。

タイで初めて開発するコンドミニアム「アルティチュード・ユニコーン・サトーン―タープラー」は、34階建ての711戸。バンコク西部のトンブリ地区にあるラチャプルック通り沿いで開発する。敷地面積は約2ライ(3,200平方メートル)。高架鉄道(BTS)タラートプルー駅に直結する。今年第3四半期に着工を予定している。

部屋のタイプは4種類で、1戸当たり23.64~69.28平方メートル。販売価格は1戸219万バーツから。施設には共有オフィスやeスポーツルーム、共有キッチン、ミニシアターなどに加え、クライミングウォール、ボクシングリング、ヨガエリアが設置されたフィットネスセンターを併設する。

アルティチュード・デベロップメントのクワンチャイ社長は、コンドミニアムが「プライベートとビジネスの両方を充実させたいミレニアル世代や起業家の理想にマッチする」と自信を示した。同社は14年設立。ライフスタイルに焦点を充てたユニークな不動産開発に注力している。今年は5事業の立ち上げを計画している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

【循環型経済】ペットボトルを僧侶の袈裟に 寺院が回収拠点、PTTGC支援(08/23)

MICE市場の競争激化 東南ア2カ国、IT対観光(08/23)

7月の車生産6.7%減、3カ月連続マイナス(08/23)

7月の車輸出8.9%減、アジア向け2桁縮小(08/23)

ボルボ、中古トラックの販売部門を設置(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

ウタパオ空港拡張入札、CPの失格が確定(08/23)

不動産サンシリ、米ホテル会社に追加出資(08/23)

アナンダ、下半期は住宅7件の発売計画(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン