経済成長率2.4%、政府系機関が予測引下げ

韓国の政府系シンクタンク、産業研究院は24日公表した報告書「2019年下期の経済・産業展望」で、韓国の今年の実質国内総生産(GDP)成長率を2.4%と予想した。昨年11月時点の見通しから0.2ポイントの引き下げ。輸出の不振や投資の減少、消費の鈍化などが響くとの見方を示した。…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

不買運動参加率54.6%、先週から6.6P上昇(17:47)

日韓貿易摩擦、電子業界に新たな逆風も(19:22)

韓国3年ぶり利下げ、景気低迷や日本規制で(18:44)

配車タダが営業中断の危機、制度改定で(18:42)

テイクオフ:17年前、韓国への入国…(07/18)

ホワイト国除外、機械に打撃 工場の自動化も停滞の恐れ(07/18)

エコカー普及へ法整備 政府が年内行程表、日韓が先手(07/18)

大統領と与野党党首、輸出規制対策で会合(07/18)

輸出規制撤回と協議要請、副首相が対策発表へ(07/18)

就職活動する若年層、70万人超える(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン