• 印刷する

テイクオフ:経済成長著しく、あちこ…

経済成長著しく、あちこちで高層ビルの建設が進むフィリピン南部のミンダナオ地方ダバオ市。それでも緑豊かで、ドリアンやポメロ(ザボン)など南国フルーツが豊富。キニラウ(生魚のマリネ)は新鮮で美味しい。空港などで銃を持つ軍・警察の検問に遭うと戒厳令下だと実感するが、程よく便利な街と親日的な人々の温かさが強く印象に残る。

ダバオ市在住の友人によると、同市が今の姿になったのはここ10年のこと。大きな商業ビルが建つ市中心部は、かつてはゴルフ場か更地で、劇的に景色が変わったそうだ。「経済成長は嬉しいけど、思い出の場所が消えて悲しい」と本音を漏らす。

映画業界で働く彼は、都市開発で変わりゆく故郷の姿を、ドキュメタリー映画として記録したいと語った。2020年の完成に向け、予算の獲得に奔走する。開発と同時に、街の記憶を映像で残す文化の継承も進んでいるようだ。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船が出航、フィリピンへ(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(02/28)

AIで離職防止対策など提案 スタートアップ、日系企業に(02/28)

大統領、カラバルソンに「災害事態」宣言(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

共用通信塔の整備、計画発表が3月に(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

新型コロナで企業合理化、貿産相が懸念(02/28)

配車グラブ、車両登録枠の全活用求める(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン