【後発国の挑戦】中国、救世主か侵略者か ゆがむ成長(4)揺れる主権

【第2部】カンボジア南西部のコッコン州。首都プノンペンから車で約5時間半かかる未開発の地に、中国の広域経済圏構想「一帯一路」で最大規模ともうわさされるプロジェクトが進んでいる。投資額は38億米ドル(約4,077億円)と巨額だ。経済発展につながる可能性はあるものの、米国…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ASEMは来年に延期、コロナ対応で(07/06)

コロナ破綻の事業者、労働者への補償金不要(07/06)

プラサック、韓国国民銀から1.5億ドル調達(07/06)

アンコール遺跡の入場料収入、上期は68%減(07/06)

中国物流百世、東南ア3カ国でサービス開始(07/06)

タイ国境検問所の移動自由化、外交筋も要請(07/03)

税務総局、固定資産処分時の課税指針を発表(07/03)

1~6月の交通事故件数、25%減の1619件(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン