【後発国の挑戦】中国、救世主か侵略者か ゆがむ成長(4)揺れる主権

【第2部】カンボジア南西部のコッコン州。首都プノンペンから車で約5時間半かかる未開発の地に、中国の広域経済圏構想「一帯一路」で最大規模ともうわさされるプロジェクトが進んでいる。投資額は38億米ドル(約4,077億円)と巨額だ。経済発展につながる可能性はあるものの、米国…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

JOGMEC、南部で鉱物資源の探査実施へ(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

9月までの関税収入、通年目標を6%超過(10/22)

自動車保険の加入促進へ、業界が一致協力(10/22)

野党元党首、11月9日に帰国の姿勢崩さず(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

ザガインの自然保護区、アセアン遺産公園に(10/22)

KFCとピザハット、3年で各60カ所以上(10/22)

日本が食糧援助3.5億円、被災地の缶詰供与(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン