今年のCPI上昇率2.4%前後、発改委予測

中国国家発展改革委員会(発改委)価格監測センターの盧延純主任はこのほど、今年の消費者物価指数(CPI)上昇率は2.4%前後になるとの予測を示した。豚肉や野菜、果物価格の上昇が続いているが、インフレのピークは5、6月で、年後半からは落ち着くとみている。21日付証券日報…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎の死者2788人、感染者7万8824人(12:39)

NAPは自動車価格に影響なし、サイム(13:22)

労働力のシェアリングが拡大 異業種間で需給調整、政府も支援(02/28)

首都モールの感染者情報は虚偽=当局発表(02/28)

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

テイクオフ:肺炎を引き起こす新型コ…(02/28)

新型肺炎で家電に品薄の恐れ 部品供給が減少、3月販売に影響(02/28)

累計96人、新たに3人(27日正午)(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

中小企業33%が再開、1日1Pペースで上昇(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン