統一企業董事長、M&A積極的に検討

食品台湾大手の統一企業(ユニプレジデント)は、18日に株主総会を開催し、羅智先董事長は席上、日本など北東アジアから東南アジアにまたがる市場をつなぐ「アジア流通プラットフォーム構想」を打ち出す考えを明らかにした。併せて、合併・買収(M&A)を引き続き積極的に検討し…

関連国・地域: 台湾日本ASEAN
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シーメンスガメサが台中港区入居、設備生産(20:22)

テイクオフ:台北駅地下の台北地下街…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

上期輸出受注が7%減に 米中摩擦響く、8カ月連続減(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

3大中核技術を強化、鴻海の新董事長(07/23)

交通ビッグデータ産業、5年で規模10倍へ(07/23)

台湾EMSコンパル、製造拠点の設置に関心(07/23)

大江生医が細胞治療参入、3年で業績貢献(07/23)

大成鋼、隆美買収でカーテン市場参入(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン