カンボジア投資のファンド業者に処分勧告

【共同】証券取引等監視委員会は18日、ファンドへの出資金を男性社長が私的に流用したとして、大阪市北区のファンド運用業「ファインドエッジ」へ行政処分を出すよう金融庁に勧告した。 監視委によると、同社は2015年ごろから、ファンドへの出資金約4,500万円を、カンボジアで外国…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都のオフィス入居率、86.5%に上昇(07/17)

ゼロダラーツアーの取締まり強化へ、観光相(07/17)

平均寿命70歳に、総人口は1650万人(07/17)

EC法と消費者保護法、閣僚評議会で承認(07/16)

太陽光発電事業4件、閣僚評議会で承認(07/16)

首相、外国からのごみ輸入禁止の方針を表明(07/16)

シアヌークビルに中国領事館開設へ(07/16)

シエムレアプの新空港事業、中国企業が落札(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン