• 印刷する

テイクオフ:米中貿易戦争などによる…

米中貿易戦争などによる景気減速を押し戻すため、中国政府が力を入れている政策の一つが消費刺激策。個人消費が国内総生産(GDP)の大きな柱に育った以上、至極当然の選択といえる。

とはいえ消費拡大政策は、省エネルギーや環境汚染抑制にも寄与する節約キャンペーンと、どうしても矛盾・相反が生じてしまうのは否めない。節約と無駄遣い防止を呼び掛ける標語を街角などで目にするたびに、両政策の折り合いの難しさを感じてしまう。

消費拡大策として脚光を浴びるナイトタイムエコノミー(夜間の経済活動)振興策は、特に矛盾が大きそう。電力消費が増えて夏場は電力不足を招くリスクさえあり得るし、夜更かしが増えると国民の健康にも良くない。当局者も実際のところは悩ましいだろう。とはいえ雇用確保などを考えれば、今は景気を優先せざるを得ないだろうが。(蓬)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

金融機関の総資産、9月末時点で312兆元(12/13)

積極財政を継続、経済工作会議 新規減税は示さず、金融は緩和か(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

5Gスマホが500万台突破、11月出荷数(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

米農産品の輸入、作業進行中=商務省(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン