【後発国の挑戦】外資100%出資、効果に限界 ゆがむ成長(1)投資判断どこで

【第2部】カンボジアは1990年代初めまで続いた内戦の影響で国内企業が育たず、ほぼ全産業に外資100%での進出を認めることで、投資誘致と経済成長につなげてきた。一方、急激な賃上げや法律が整っていないことで発生する進出後の業務の難しさのほか、競争力が高い周辺国への外資の…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

バイオ燃料製造で資金調達、ソニー銀が支援(11/19)

シアヌークビルの道路34本、改修に3億ドル(11/19)

コッコン州の新空港、21年にも開業見通し(11/19)

Bグリム、カンボジア太陽光発電に参入(11/19)

財閥ロイヤル、IT企業とAIなどで提携(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

ウイング、送金新サービスで米大手と提携(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

家具の商億、カンボジアに新工場建設(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン