• 印刷する

SKTとサムスン電子、6G開発で提携

移動通信キャリア大手のSKテレコム(SKT)は18日、サムスン電子と第5世代(5G)技術の高度化と第6世代(6G)の研究開発(R&D)に向けて業務提携を結んだと発表した。

両社は、◇超高信頼かつ低遅延な無線通信(URLLC)◇自動運転車およびドローン(無人航空機)向けV2X(車車間通信・路車間通信)◇5G SA(スタンド・アローン=5Gのみで通信を行う技術)ネットワークの改善◇多重アンテナ技術(MIMO)の高度化——など5G技術の改良に向けて共同で取り組んでいく。商用サービスの多様化にも力を入れる。

両社はまた、5Gの次の通信技術である6Gの先取りに向けたR&Dにも取り掛かる考えだ。SKTはサムスン電子だけでなく、フィンランドのノキアやスウェーデンのエリクソンなど世界の通信機器メーカーとの協力関係も深め、「世界初」の6G商用化を目指す考え。

SKTのパク・ジンヒョ最高技術責任者(CTO)は「SKTはパートナーとの緊密な協力関係を基に、世界最高の5G品質の確保と6G技術の進化に取り組んでいく」と述べた。

SKTとサムスン電子が、世界初の6G商用化に向けて早くも動き出した(SKT提供)

SKTとサムスン電子が、世界初の6G商用化に向けて早くも動き出した(SKT提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

大企業が軒並み営業減益 市況悪化、新型肺炎で追い打ちも(02/21)

テイクオフ:1人の大蔵省(現財務省…(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

新型肺炎で国内初の死者、感染者104人に(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

感染拡大の大邱、政府に緊急支援を要請(02/21)

SK社員が肺炎患者接触、800人自宅待機に(02/21)

サムスン電子、ベトナムのパネル工場増強へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン