• 印刷する

テイクオフ:正直、ひっくり返るとは…

正直、ひっくり返るとは思わなかった。自分の不明を恥じた。「逃亡犯条例」の改正に反対する香港市民の大規模なデモ。激しい怒りの声に押され、条例改正の審議は無期限延期となった。香港の友人は「自分たちの未来のために声を挙げた」と誇らしげに語る。

どうせ中国には逆らえないだろうという虚無主義、大きな声を挙げたところで何も変わらないだろうという自身の政治に対する冷めた見方があったかもしれない。だが、それは何もしないのと同じだ。台湾だって市民の声で変わりつつある。脱原発や同性婚、あるいは労働者の権利。時に世論は真っ二つに分かれるが、議論のベースに市民の政治参加があるのは確かだ。

日本では近く、参院選が行われる。政権選択の選挙でないためかいまいち盛り上がりに欠けるが、消費増税や年金はじめ争点はあるはず。われわれも未来のために、まず一票を。(蔵)


関連国・地域: 香港台湾日本
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シーメンスガメサが台中港区入居、設備生産(19:05)

テイクオフ:台北駅地下の台北地下街…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

上期輸出受注が7%減に 米中摩擦響く、8カ月連続減(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

3大中核技術を強化、鴻海の新董事長(07/23)

交通ビッグデータ産業、5年で規模10倍へ(07/23)

台湾EMSコンパル、製造拠点の設置に関心(07/23)

大江生医が細胞治療参入、3年で業績貢献(07/23)

大成鋼、隆美買収でカーテン市場参入(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン