• 印刷する

テイクオフ:果たして観光立国は正し…

果たして観光立国は正しい政策か。小旅行をして考えさせられた。「ほほえみの国」タイも、優しい顔ばかり見せるわけではない。バンコクのバスターミナルに着いた旅行者に、近づいてくるタクシー運転手は法外な料金を要求する。「メーター通りの運賃で」と頼むと、「勝手にしろ」と吐き捨てる。こんな時こそ、笑顔で交渉したいのに。

カンボジアが誇るアンコール遺跡群では、大国の団体観光客が大声を上げていた。コスプレが流行しているのか、純白や深紅のドレスを着た若い女性が、競い合って写真のポーズを取る。遺跡がいつどうやって作られたのか、などということにはまるで関心がなく、他の客の視線も目に入らないようだ。

金を求めて人間は余裕をなくし、金の猛威の前には歴史の栄光も吹っ飛ぶ。日本もインバウンド誘致に熱心だが、こんな姿になるのはごめんだ。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(18:20)

【循環型経済】海洋プラごみ、回収船と連携 オランダに見るタイの活路(下)(02/28)

1月の新車販売、8.2%減の7.2万台(02/28)

2020年1月のタイの新車販売台数(表)(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

アウディ、小型乗用車・SUVの販促強化(02/28)

BMW、セダンの新型3モデル発売(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

SCが新規開発13件、低層住宅にシフト(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン