インドネシアの企業トップ、保護主義を警戒

国際会計事務所KPMGが実施した調査で、インドネシアの企業トップが経営への影響を最も懸念するのは、保護主義の台頭であることが明らかになった。一方、世界では企業トップの最大の懸念は、環境問題への対応だった。17日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 調査は、年間売上高が…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

自動車販売の停滞で建築用ガラスに生産移行(14:53)

バスターミナルを近代化、来年38カ所改修(12:57)

有料テレビMVN、Kビジョンの株60%取得(15:24)

テイクオフ:自宅アパートの地下駐車…(07/17)

全自動洗濯機を現地生産 シャープ、タイから移管(07/17)

上半期の日系自動車販売数、前年比18%減少(07/17)

ダイハツ、1~6月の小売り台数は8.8万台(07/17)

BMW、自動車展GIIASでEVを発売(07/17)

マセラ鉱区、生産分与契約が55年まで延長(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン