知的財産権法、改正案が公開 CPTPPとの整合性高める狙い

ベトナムで、知的財産権(IP)に関する基本法である「知的財産権法」の改正案が4月に公開された。ベトナムは今年1月に発効した環太平洋連携協定(TPP11、CPTPP)を機に、IPに関する各種の規定を凍結。改正案は同協定との整合性を高めることを主な目的としている。 …

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

企業庁と地場VC、HCM市と企業支援で提携(07/19)

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

トヨタ、MPV「アバンザ」新型を発売(07/19)

自動車とバイク登録料、算定基礎価格が改定(07/19)

ビントゥアンの国際港、外国貨物船が初寄港(07/19)

ゴジェック運転手がデモ、報酬基準変更で(07/19)

タイ、ベトナムの車輸入規制をWTOで提議(07/19)

首相、有料道路へのETC設置強化を要請(07/19)

コージー株、HNXからHOSEに移行(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン