• 印刷する

トヨタ、ミャンマーで新型アバンザを発売

豊田通商のミャンマー現地法人「トヨタ・エー・アンド・サンズ(TTAS)」は14日、同国内でトヨタの多目的車(MPV)「アバンザ」の新型モデルを発売した。

アバンザは7人乗りで、自動車ローンの浸透を追い風に、子どもがいる若い世代の家庭に需要が高まっている。新型は車体のフロントデザインなど外装を一新し、運転性能やオーディオシステムの機能も高めた。インドネシアで生産した完成車(CBU)を輸入販売し、価格は2万米ドル(約217万円)。

生産地のインドネシアでは主力モデルのアバンザだが、ミャンマーでは、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ラッシュ」の人気が最も高く、アバンザの販売台数は、小型セダンの「ヴィオス」、ピックアップトラックの「ハイラックス」に次ぐ4番目になる。

トヨタは現在、近隣国で生産したCBUの輸入販売を行っており、昨年の販売台数は3,017台だった。年内にもヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)に工場を着工し、2021年からハイラックスを年2,500台現地生産する計画だ。

多くの家族連れがモールに展示された新型アバンザを見に訪れた=14日、ヤンゴン(NNA)

多くの家族連れがモールに展示された新型アバンザを見に訪れた=14日、ヤンゴン(NNA)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

米が国軍司令官制裁、ロヒンギャ迫害巡り(16:50)

「1年後の景気上向く」7割 社長調査、透明性のなさに不満も(07/17)

仏蒸留酒大手ペルノ、ヨマ合弁に34%出資(07/17)

18年度輸出額、7月初旬までで8.5%増に(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

10~7月の縫製品CMP原料輸入額、20%増(07/17)

日新電機が越3割増産、装置部品で域内分担(07/17)

欧州企業5団体、紛争地のネット復旧を要請(07/17)

ダウェー、新たな電力供給会社の入札実施へ(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン