• 印刷する

プロトン販社、2社とR&Dの合弁会社設立

マレーシアの国民車メーカー、プロトンの販売子会社プロトン・エダルは12日、地場通信事業者アルテル・コミュニケーションズ、車載電子製品や自動車のインターネット(IoV)のクラウドプラットフォームサービスなどを手掛ける中国の湖北億カ通科技(ECARX、カ=くちへんに加)と高度デジタル技術の研究開発(R&D)に取り組む合弁会社を設立することで合意した。

アルテルは第4世代(4G)移動通信規格による仮想移動体通信事業者(MVNO)。ECARXは中国自動車大手の浙江吉利控股集団の子会社だ。

3社は合弁会社を通じて、コネクティビティー(相互接続性)や自動運転、IoVなどデジタル技術に関するR&Dを進める。

プロトンでは昨年末から今年にかけて発売したスポーツタイプ多目的車(SUV)「X70」、小型ハッチバック「アイリス」、小型セダン「ペルソナ」、多目的車(MPV)「イグゾラ」にコネクティビティの機能を備えている。合弁会社設立によって高度なデジタル技術のノウハウを吸収し、特に東南アジア諸国向けの輸出車にコネクティビティのソリューションを導入していく計画だ。

プロトン・エダルは地場通信アルテル、中国のECARXと高度デジタル技術研究で覚書を交わした=12日、ペラ州タンジュンマリム(プロトン提供)

プロトン・エダルは地場通信アルテル、中国のECARXと高度デジタル技術研究で覚書を交わした=12日、ペラ州タンジュンマリム(プロトン提供)


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

特別国会で新首相決定へ 来月2日、国王の議員面談実らず(02/28)

政府が景気刺激策発表、200億リンギ規模(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

<資料>マレーシア政府の2020年景気刺激策(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

RM1=26.2円、$1=4.21RM(27日)(02/28)

不二製油、業務用チョコ会社を完全子会社化(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

豪ライナス、3年間の操業延長認可を取得(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン