• 印刷する

財閥LYP、ウオーターパークの建設計画

カンボジアの地場財閥リー・ヨン・パット(LYP)グループは、首都プノンペン北東部のチュロイチョンバー区にウオーターパークを建設する。投資額は5,500万米ドル(約60億円)で、年末までの完成を見込む。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

カンボジア開発評議会(CDC)から認可を得た。「アンコール・ウオーターパーク」は、2018年にLYPグループが開業したサファリパークに近接する6ヘクタールの土地に建設する。

英ホワイト・ウオーター・グループがプロジェクトを請け負う。LYPグループの幹部は「カンボジア初の国際水準のウオーターパークとなる」と話す。

LYPグループは18年6月、チュロイチョンバー区に野生動物園「プノンペン・サファリ」を正式開業した。1,000万米ドル超を投じ、面積約60ヘクタールの土地に800種の動物が見られる区画を作った。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

フェイクニュース対策強化を 首相が訴え、報道規制に懸念も(06/14)

ミネベアミツミ、カンボジア法人に増資(06/14)

財務省、金融危機の対応に委員会を新設へ(06/14)

バイヨンが日本などに肥料輸出へ、国内初(06/14)

財閥LYP、ウオーターパークの建設計画(06/14)

外国人観光客、1~4月は11%増(06/14)

CPF、東北の鶏肉工場でカンボジア人増員(06/14)

年功補償支給へ準備進む 労働省が研修、400人超参加(06/13)

中国2社、火力発電所建設を請負(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン