• 印刷する

テイクオフ:韓国に来て酒のつまみに…

韓国に来て酒のつまみにスルメを選ぶことが多い。スーパーなどで売っている韓国産は大振りで、歯ごたえがあり、かめばかむほど味が出る。いまや晩酌のよき「相棒」だ。

ただ、最近は価格高騰で気軽に口に運べなくなっている。コンビニエンスストアでは庶民の味には似つかわしくない1枚約1,300円。一緒に買った500ミリ缶の輸入ビール4本よりも高いのだから、高級珍味と言ってもいいほどだ。韓国でのイカ1杯当たりの小売価格は今年3月基準で約500円と、15年比で倍に上昇した。世界的な需要増で韓国の漁獲量も年々減少していることが背景にあるという。

どうにか安く手に入らないかと業務用サイトを物色。20枚入りセットを約1万3,000円で購入した。賞味期限は約1年。晩酌の回数がこれまで以上に増えそうだ。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国で2人目の新型肺炎感染者(01/24)

2年連続の貿易赤字、米中摩擦で輸出低迷(01/24)

サムスン冷蔵庫事業、成長率目標は20%(01/24)

テイクオフ:独特のにおいで苦手な人…(01/23)

19年GDP成長率は2.0% 投資全般が不振、息切れ感強まる(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

サムスンのQD有機EL、セメスの装置導入(01/23)

現代自の19年営業益52%増、7年ぶりプラス(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン