• 印刷する

トヨタ、バン「コミューター」新型発売へ

タイ国トヨタ自動車(TMT)は11日、バン「ハイエース コミューター」の新モデルを発表した。「ハイエース」の6代目モデルとなり、拡大する観光業での需要を見込む。

タイ国トヨタ自動車(TMT)はバン「ハイエース コミューター」の新モデルを発表した=11日、ノンタブリ県(NNA撮影)

タイ国トヨタ自動車(TMT)はバン「ハイエース コミューター」の新モデルを発表した=11日、ノンタブリ県(NNA撮影)

15日から全国のディーラーで販売を開始する。販売価格はオートマチックトランスミッション(AT)車が129万9,000バーツ(約450万円)、マニュアルトランスミッション(MT)車が126万9,000バーツ。

グループ会社のトヨタオートワークス(TAW)が生産を手掛ける。6代目モデルを生産しているのは、日本とタイのみとなっている。TAWは同モデル生産のために25億バーツを投資。年産能力は1万6,000台で、現地部品調達率(ローカルコンテンツ)は52%という。

TMTの菅田道信社長は、「5代目モデルは2005年にタイで日本から完成車(CBU)として輸入発売が開始され、工業団地で働く従業員の送迎用バンや公共交通機関、空港リムジン、年間約4,000万人に上るタイを訪れる外国人旅行者の移動手段などさまざまな場面で使われてきた」と説明。6代目モデルはセミボンネットを採用して走行音と振動を抑えたほか、安全性を高め、交通安全を強化するタイ政府の方針にも沿っているとした。月間800台の販売を目指す。

TMTは併せて8月に「ハイエースGL」(ロールーフ、MT車)と「ハイエース・エコ・ブラインド」(AT車)を発売すると発表した。販売価格はGLが107万9,000バーツ、エコ・ブラインドが99万9,000バーツ。

ハイエースは1967年に発売された。これまでに約150カ国・地域で630万台を販売している。トヨタのタイにおける2018年の新車販売台数は前年比31.2%増の31万5,113台に上り、メーカー別で1位となった。TMTのチャチャイ上級副社長によると、18年のバンセグメントの販売台数は約8,000台に上り、市場シェア93%を占めたという。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/24)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

新車販売、19年は101万台 2年連続大台も20年は7%減予測(01/24)

首都圏鉄道ピンク線延伸、民間が全額投資へ(01/24)

タイ航空、老朽機との交換で新機調達推進(01/24)

シビル、大型インフラ受注で年商180億円へ(01/24)

サイアムモーターズ、ビルとゴルフ場を開発(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

首都空港の5G、放通委と空港公社が覚書(01/24)

クオリカが現法設立、東南アで事業拡大(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン