• 印刷する

テイクオフ:ガーデニングが趣味の母…

ガーデニングが趣味の母の影響で、花や植物が目に留まるとつい見入ってしまう。シンガポールでは政府の緑化政策が功を奏して、街中に自然が多く、散歩するだけでも楽しい。商業施設には花屋が何店舗か入っていることも多く、仕事帰りや買い物のついでによく足を運ぶ。

先週末も、ふと近所の花屋に立ち寄った。そこで見つけたのが、小さな花を咲かせる、かわいらしい観葉植物。店員によると、朝1回の水やりだけで、手入れは非常に簡単だという。マイナスイオンを放出してくれる効果もあるそうだ。

財布を開こうとする私に、店員が尋ねた。「確実に虫が寄ってくるけど、同居人は大丈夫か」。頭に浮かんだのは、私の「シェア」メイトたちの顔ぶれ――長期居候中のアリのほか、最近入居したクモやヤモリ。「みんな喜ぶに違いない」と、開きかけた財布の口を固く閉じた。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

金融技術革新に2.5億Sドル拠出=当局(20:30)

DBS銀、建設業向け自動決済システム導入(20:30)

独商工会、プラスチックのリサイクル促進(20:30)

シンガポール航空、乗務員に早期退職制度(20:30)

サービスアパートで在宅勤務、アスコット提供(20:30)

新規感染102人、計5万5497人(13日)(20:30)

テイクオフ:中華系シンガポール人の…(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン