東南アのEV団体が協力覚書 車両普及へ、価格対策や政策協議

電気自動車(EV)市場が黎明期にある東南アジア4カ国(タイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン)のEVの業界団体が、連携して域内の市場拡大に乗り出す。5日にはタイで開かれたEV関連の国際イベント「iEVテック&ASEAN EVサミット」で、EVの普及促進に向け…

関連国・地域: タイマレーシアシンガポールフィリピンASEAN
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属運輸IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週末、首都バンコクで…(09/22)

日本発の外国人専用便が増加 10月は週3便、予約状況に余裕も(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

8月の6空港利用者、78.7%減の257万人(09/22)

国営長距離バス、旧南ターミナルに復帰計画(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

トラベル・バブル、行動範囲制限する国も(09/22)

Hセム、CLMV諸国に電動二輪売り込み(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン