• 印刷する

タタ自、ディーゼル車をCNG車に切り替え

インドの自動車大手タタ・モーターズは、2020/21年度(20年4月~21年3月)から既存モデルのディーゼル車を、圧縮天然ガス(CNG)対応車へ切り替えていく方針だ。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が5日に伝えた。

今回の方針は、20年4月に導入される排ガス規制「バーラト・ステージ(BS)6」によって、ディーゼル車の生産コストが増加することに対応するため。乗用車部門のトップを務めるマヤンク・パリーク氏は「新規制の影響を受ける全てのディーゼル車が対象になる」と述べ、CNGキットの開発を進めていると明らかにした。

パリーク氏はまた、同社が運営するCNG充塡(じゅうてん)施設(CNGステーション)の設置先を、現在の14~16都市から200都市に増やす意向を示した。

インド政府は、28年までに全国の1万カ所にCNGステーションを設置する目標を掲げている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

THヘビー、インド沖のオフショア建設受注(17:38)

個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む(06/14)

台湾二輪キムコが工場、ビワディで年20万台(06/14)

QLD州アダニ炭鉱開発が承認 最後の環境認可突破、計画実行へ(06/14)

ミシュラン、印でトラック向けタイヤリース(06/14)

タタ自、5月の世界販売は23%減の8.2万台(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

独シーメンス、国鉄に駆動システムを供給(06/14)

配電BRPL、首都南部にEV充電施設(06/14)

低品質の鉄鋼輸入、政府が抑止策を強化(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン