• 印刷する

タタ自、ディーゼル車をCNG車に切り替え

インドの自動車大手タタ・モーターズは、2020/21年度(20年4月~21年3月)から既存モデルのディーゼル車を、圧縮天然ガス(CNG)対応車へ切り替えていく方針だ。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が5日に伝えた。

今回の方針は、20年4月に導入される排ガス規制「バーラト・ステージ(BS)6」によって、ディーゼル車の生産コストが増加することに対応するため。乗用車部門のトップを務めるマヤンク・パリーク氏は「新規制の影響を受ける全てのディーゼル車が対象になる」と述べ、CNGキットの開発を進めていると明らかにした。

パリーク氏はまた、同社が運営するCNG充塡(じゅうてん)施設(CNGステーション)の設置先を、現在の14~16都市から200都市に増やす意向を示した。

インド政府は、28年までに全国の1万カ所にCNGステーションを設置する目標を掲げている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ二輪が模倣品対策 主体は部品、昨年度は5万個押収(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

豊田通商子会社、内製化支援のセンター開設(12/06)

第1段階合意には関税引き下げ必須、商務省(12/06)

アショク、今月に最大12日の生産調整(12/06)

シュコダ、印市場特化の車種を21年に発売(12/06)

二輪ロイヤル、海外の製造販売拠点を拡充(12/06)

ドールがインド進出、フューチャーと提携(12/06)

ガス火発、政府が新たな救済策を策定(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン