• 印刷する

独ベンチャー、年内に空中タクシー発着場開設

ボロコプターは、シンガポールで年内に空中タクシーの発着ポートを設置する(イメージ図、同社提供)

ボロコプターは、シンガポールで年内に空中タクシーの発着ポートを設置する(イメージ図、同社提供)

「空飛ぶタクシー」を開発するドイツの新興企業ボロコプターは、シンガポールで今年下半期(7~12月)に世界初となる空中タクシーの発着ポートを開設する。同国で空中タクシーの公開試験を実施するのに合わせた動きとなる。

垂直離着陸飛行場の建設・運営を手掛ける英スカイポーツと共同で、発着ポート「ボロ・ポート」のプロトタイプ(試作モデル)を建設する。ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)のように垂直に離着陸できる発着場だ。具体的な開設場所は明らかにしていない。

試験事業では、ボロコプターの電動垂直離着陸型機(eVTOL)「ボロコプター2X」を使用。乗客の乗り心地を調べる。充電作業、機材の保守管理、搭乗前手続きや乗客ラウンジを含む地上業務サービスの確認なども行う。ボロコプター2Xは、見掛けはヘリコプターのようだがドローン(小型無人機)の飛行技術が用いられている。航空当局や業界関係者にも試験を公開し、最終的な運営体制の確立に向けて意見を募る。

ボロコプターは、21年ごろに世界初の空中タクシーの商用サービス開始を目指している。ドイツやアラブ首長国連邦(UAE)ドバイなどでも実証試験を行っているが、シンガポールは最初のサービス提供先の有力候補となっている。


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

都市ホテル初の循環型農業 仏アコー、野菜3割自給へ(17:10)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(15:49)

企業の中国工場、操業再開も苦境(15:34)

メディア大手、日本で高齢者介護施設取得(15:12)

医療ラッフルズ、19年は増収減益(15:04)

テイクオフ:ショッピングモールが閑…(02/24)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

累計89人、新たに3人(22日、23日)(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン