• 印刷する

19言語に拡充、カカオの翻訳サービス

韓国のIT大手カカオは22日、人工知能(AI)技術を使った翻訳サービス「カカオi翻訳」の対象を19言語に拡充したと発表した。 

これまでは韓国語と日本語や英語、中国語、インドネシア語、ベトナム語に対応していたが、ポルトガル語やアラビア語、ロシア語など13言語を追加した。

常体、敬体といった文体の設定、どの単語が互いに翻訳されたか分かるハイライト表示、カカオの検索サービス、ダウムと連動する辞書機能などを取り入れ、使い勝手を向上させた。

カカオは2017年9月から「カカオi翻訳」のベータ版をサービスしている。ダウムで検索するか、カカオの無料対話アプリ「カカオトーク」から友達追加をして利用すればよい。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国Kリーグで活躍する…(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

19年の訪日韓国人26%減 日韓対立で五輪イヤーに不安も(01/20)

政策金利1.25%、2度目の据え置き(01/20)

韓国現代系がマンゴー加工工場、輸出も開始(01/20)

訪日消費4兆8千億円、7年連続で過去最高に(01/20)

19年の韓国企業間M&A、景気低迷で12%減(01/20)

日本人の海外旅行者、2千万人突破(01/20)

現代自、製品販売サイトを開設(01/20)

20年の景気予測、「19年より改善」は1割(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン