• 印刷する

テイクオフ:4月11日の第1回投票…

4月11日の第1回投票から1カ月余り、下院選の開票がきょう行われる。有権者9億人、世界最大の民主主義国家の先行きは世界の政情や経済動向に影響に与えるため、国内だけでなく海外の注目を集める。

全7回に及ぶ投票の終了後まもなく発表された出口調査の結果では、モディ首相のインド人民党(BJP)が主導する与党連合が、大統領指名の2議席を除く定数543議席のうち300議席前後を獲得、前回選挙と同様にBJPの単独過半数もあり得るとの見通しが示されたが、インド人記者は「この国の選挙は最後まで油断できない」とくぎを刺す。

開票作業は朝から始まり、最終的な集計結果が出るのは深夜と聞く。きょう23日は、日本との時差を念頭に、締切時間に追われながらパソコンやテレビの画面にかじりつくハードな1日になりそう。今はただ、平和的かつ円滑に開票が進むことを願うばかりだ。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

THヘビー、インド沖のオフショア建設受注(06/14)

個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む(06/14)

台湾二輪キムコが工場、ビワディで年20万台(06/14)

QLD州アダニ炭鉱開発が承認 最後の環境認可突破、計画実行へ(06/14)

ミシュラン、印でトラック向けタイヤリース(06/14)

タタ自、5月の世界販売は23%減の8.2万台(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

独シーメンス、国鉄に駆動システムを供給(06/14)

配電BRPL、首都南部にEV充電施設(06/14)

低品質の鉄鋼輸入、政府が抑止策を強化(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン