• 印刷する

香港の駐在員コスト、18年は6位に後退

英人材調査会社のECAインターナショナルがこのほど発表したリポートによると、香港に出向する駐在員1人当たりにかかった2018年の平均コストは27万6,417米ドル(約3,050万円)だった。調査対象国・地域のうち、香港は前年から順位を1つ下げ6位に後退した。22日付香港経済日報が伝えた。

コストには給与や福利厚生費(住宅手当、子どもの教育費、交通費など)、税金を含む。前年からは7,903米ドル増え、増加分の8割近くを福利厚生費が占めた。

中国本土に出向する駐在員の18年の平均コストは31万204米ドル。人民元の上昇や給与の引き上げなどを背景に、順位は前年から1つ上がって3位となった。

駐在員コストの1位は英国で、1人当たり42万1,798米ドル。香港のライバル都市であるシンガポールは、香港を大幅に下回る19位(23万6,258米ドル)となった。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅マンションを出ると…(01/20)

19年訪日香港人、過去最高に 抗議デモで失速も年後半に回復(01/20)

訪日消費4兆8千億円、7年連続で過去最高に(01/20)

20年マカオ訪問客は3%減に、観光局が予想(01/20)

日本人の海外旅行者、2千万人突破(01/20)

福岡県事務所がイベント、女性に県の魅力紹介(01/20)

韓国、香港への渡航警戒レベル引き下げ(01/20)

中環の民主要求デモ1時間で中止、催涙弾も(01/20)

金管局、今年はITリスク管理などに重点(01/20)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン