• 印刷する

日産、EV充電器設置で台湾系デルタを選定

タイ日産自動車は、デルタ・エレクトロニクス(タイランド)をEV充電設備の設置業者に選定した=21日(タイ日産自動車提供)

タイ日産自動車は、デルタ・エレクトロニクス(タイランド)をEV充電設備の設置業者に選定した=21日(タイ日産自動車提供)

タイ日産自動車(NMT)は21日、電気自動車(EV)「リーフ」の充電設備の設置業者として、台湾の電源設備大手、台達電子工業(デルタ)のタイ法人、デルタ・エレクトロニクス(タイランド)を選定したと発表した。デルタがリーフ向けの充電設備の供給や設置などを担当する。

デルタ製のAC充電器(出力7.36キロワット=kW)と急速充電向けのDC充電器(50kW)を、タイ国内でリーフを販売する32のディーラーで取り扱う。充電器の価格は4万5,000バーツ(約15万6,000円)。デルタは充電設備を設置する場所の調査や設置作業、アフターサービスを手掛ける。3年間の保証付きで、保証期間中は無料で充電器を交換する。

NMTは、タイで今月にリーフの納車を開始。4月にNMTの社長に就任したラメッシュ・ナラシンハン氏は、「デルタとの提携によって、リーフのオーナーが自宅や仕事場などで必要な時に、電力効率の高い充電ステーションにアクセスできる体制を強化する」と述べた。

NMTは昨年8月、家庭用のEV充電設備の普及を目指し、首都電力公団(MEA)と設備開発のノウハウを研究する旨の覚書を締結。研究結果を踏まえ、EV充電設備の設置業者を選定するとしていた。

タイでは政府が2036年までにEVを120万台普及させる目標を打ち出している。


関連国・地域: 台湾タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

豚コレラの発生確認、中国とタイが禁輸措置(06/25)

テイクオフ:タイの映画館では、必ず…(06/25)

富士ゼロ、再資源化工場閉鎖 長年実績も電子ごみ輸入規制響く(06/25)

ケーヒン、トヨタからエンジン部品を初受注(06/25)

不動産シンハ、ミャンマーで複合施設開発へ(06/25)

工業団地アマタ、フランスで航空産業誘致(06/25)

PNNキャピタル、英不動産5物件を販売(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

空港高速鉄道開発、来月初めにも契約へ(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン