• 印刷する

福建省の軽工業団体がカンボジア訪問

中国・福建省の軽工業業界の商工会議所組織、福建省軽工業・工芸品輸出入商会の代表団が20日、カンボジアの福建省系企業団体であるカンボジア福建総商会と共にカンボジアの有力華人団体、柬華理事総会を訪れた。柬華日報(電子版)が伝えた。

代表団の李朝陽団長は、約300社から成る福建省軽工業・工芸品輸出入商会の概況を説明した上で、「今回の訪問はカンボジアの投資環境を視察し、共同発展に向けた協力機会を探ることが目的だ」と述べた。

同商会には工芸美術品、インテリア用品、祭礼用品、ギフト、園芸商品などのメーカーや商社が加盟している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船が出航、フィリピンへ(02/28)

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

アクレダ銀が4月上場、全株の5%を公募(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

首都に大型病院開設へ、投資額500億円超(02/28)

シエムレアプ宿泊業に税控除、新型肺炎で(02/28)

特恵引き換えのケム・ソカ氏釈放なし=首相(02/28)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン