蔡総統、労働者の残業代減少受け政策見直しも

台湾の蔡英文総統は20日、自身が推進してきた完全週休2日制(一例一休)の導入により、一部の労働者から「残業代が稼げない」などの不満の声が上がっていることについて、「企業に対して従業員に残業の機会を与えることを促す」などと述べ、政策方針を一部修正する考えを明らか…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

中国旅行客の受け入れ停止、台湾が大陸行きも(01/27)

中国人の訪台手続き停止、感染拡大で一層厳格化(01/27)

バウハウス、中国本土から撤退=台湾も半減(01/23)

クロワッサンの八月堂、香港で出店加速(01/23)

台湾デルタ、アプリでEV充電所の情報提供(01/23)

テイクオフ:「大騒ぎだよ。台湾は大…(01/22)

19年のGDP成長率は2.73% 4Qが好調、回帰投資など追い風(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン